R+houseでご新築 T様邸の場合 その3

 
昨日、一宮市T様邸の地鎮祭がとり行われました。



若いお施主様の背中が、一段と頼もしく見えます。

地鎮祭とは地主神を鎮めるとともに家の繁栄と工事の無事を祈る儀式。

私たちも身の引き締まる想いで出席させていただきます。



海のもの、山のものをお供えとして準備していただきます。

儀式のあと、神主さん、T様ご一族と私たち工事関係者がお神酒で乾杯。


生憎の雨だったのですが、

「雨ふって地固まる」とも言いますし

お浄めに雨は歓迎されるとのこと。

そう考えると、まさに恵みの雨ですね。

おめでとうございます。






R+houseでご新築 T様邸の場合 その2

 建築家と創る高性能デザイン住宅 R+house。

T様との打ち合わせです。




参加者は、T様ご夫婦と、建築家の内山先生、施工会社(株)朝日組社長、コーディネート担当の私。


先回は、建築家の先生とのちょっぴりドキドキ初対面!

女性建築家だったことで、特に奥様の期待は膨らんだのではないでしょうか(^ ^)

ご夫婦は、新しい住まいへの夢と希望を、全て伝えていただきました。


その日から約4週間後の今日。。、

それらを全て網羅した図面が完成しました!

内山先生が模型を使って丁寧に解説。


T様ご夫婦、一生懸命にイメージをふくらませて、模型を見ながらお家の中を仮想ウォークスルー。

気になる部分があれば、施工サイド、コーディネーターも含め全員で検討していきます。


見積書もご提示。

予算にほぼ近い金額に落ち着いた感じです。


間取りについては修正箇所が出ました。

次回はその修正図面を使って、もう少し細かい仕様も決めていきます。

年内にもう一度、施工会社&コーディネーターとすり合わせすることをお約束して、5時間近い本日の打ち合わせは終了です。




 


R+houseでご新築 T様邸の場合 その1


R+houseでご新築される一宮市T様ご夫婦、建築家の内山先生との初回打ち合わせです。


ご希望を全てあげた上で、具体的な間取りをどうするかのディスカッション。

敷地と環境条件から、先生が二階にリビング・キッチンを配置する提案が。

T様、戸惑いながら一生懸命イマジネーションを働かせてみえます。

ご夫婦で医療関係のお仕事をしてみえる関係上、とてもお忙しい。


今回の設計コンセプトは

【家事動線】と【日当たり】。

今日は少々長い打ち合わせになりそうです!









calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode