寒い日にはヒートショックにご注意を!

JUGEMテーマ:住宅

 

 

こんにちは。

アシスタントの横山です。  

 

 

 

今日は少し寒さも和らぎましたが、

昨日、一昨日はとっても寒かったですね。

 

 

特にそんな日に気をつけなくてはならないのが

【ヒートショック】なんです。    

 

 

先日の「賢い家づくり勉強会」の中でも話に 出たのですが、

日本はヒートショックで命を 落とす人が欧米の

2.4倍なんだそうです。

 

 

これは家づくりに関係しています。  

 

 

そもそも、ヒートショックとは・・・

温度差による肉体的ショック症状のことです。

暖房の効いた温かい部屋から、

冷たく冷え切った浴室で 急に熱い湯につかる、

この日本人には当たり前の入浴が

心臓に大きな負担をかけてしまうのです。

 

 

身体の弱い、高齢者で寒い冬場の発生率が高くなります。  

温度変化が急激すぎると血圧が一気に上下して、

心臓や全身の血管に異常が起きます。

 

 

ヒートショックによる、心筋梗塞・脳梗塞・ 脳卒中

などを引き起こしたり、軽く失神だけの 場合でも

浴室の為滑って頭を強く打つなど 危険が伴うのです。  

対策としては、

 

 

●脱衣所を暖房などで暖める

●湯船の蓋をあけておく

●シャワーでお湯をはる

●湯温を41度以下にする

●夕食前に入浴する

●高齢者には1番風呂をすすめない  

 

などがあります。

寒い日には特に気をつけたいですね。  

 

 

 

 

 

     

(画像はおかりしています。)

 

 

 

 

 

 

快適な住まいの条件の一つに、

「部屋の中が常に適温に保たれていること」があげられます。    

 

 

“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、

外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない

「高断熱性」を確保することが大切なポイント。

 

 

そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、

「高い気密性」を併せ持つことも重要になるのです。

 

 

 

R+houseの住宅は、このような高気密・高断熱に

こだわっています。

 

 

 

さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも

抑えてくれるうれしいオマケ付きです。  

 

 

 

 

毎月、「賢い家づくり勉強会」を行って おりますので、

是非足を運んでみてください♡  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、【賢い家づく勉強会】は

2018年 1月20日(土)、21日(日)です。    

 

 

 

 

 

【R+House賢い家づくり勉強会】

日程:2018年 1月20日(土)、21日(日)13時半から15時

詳しくはこちら→★★★ お申し込みは

R+Houseホームページの 申し込みフォームより。

 

 

又は0586-23-8110へお電話をお願い致します。


関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    最近のエントリー

    カテゴリ

    アーカイブ

    ブログ記事検索

    その他

    モバイル

    qrcode