洗濯物が良く乾く家

JUGEMテーマ:住宅

こんにちは!スタッフのちかです(^^)

 

台風が次々とやってきて、大雨が各地に被害をもたらしていますね。

被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

 

雨だと洗濯物が乾かなくて困る!

よく聞くお悩みですよね。

 

今日は洗濯物を干すスペースについてのご提案です☆

 

 

*****

 

 

干す場所は外部ですか?

 

 

みなさまは現在どこに洗濯物を干していらっしゃるでしょうか?

 

実は最近。

 

新築設計に際して、洗濯物を干す場所としてバルコニーをつくることが無くなりました。

 

外で干すメリットがあまりみつからないのです。。。

 

 

★洗濯物や布団が花粉やPM2.5などに汚染されやすい

※特に3月から5月は濃度が上昇する

 

★天気に左右される

 

★防水施工含め、そもそもコストがかかる。

※メンテナンス費用も永遠にかかる

 

★部屋上のバルコニーの場合、構造上、雨漏りのリスクが高くなる

 

★外観デザインがイマイチになる

 

★バルコニー用のスリッパの劣化が早いし、なんだか不潔

 

★掃除が必要

 

★ベランダに出ると冬は寒いし、夏は虫が入ってきそう

 

 

 

反対のご意見もあるかと思います。

 

どうしてもバルコニーのあるお家をご希望の場合は

 

もちろん造ることも可能ですウインク

 

 

 

この場所は乾く!

 

 

 

女性のライフスタイルの変化とともに、家事の在り方も随分変わってきました。

 

洗濯はご主人が担当されるお宅も珍しくありません。

 

男性はそもそも合理的な思考をされるので、

 

なんとかこの退屈な仕事を早く終わらせられないか・・・と考えていらっしゃる。

 

わざわざ外履き用に変えて外に出るのは面倒だと、室内干し派が多いようです。

 

そこで、

 

やっぱりここは乾くっアップ

 

 

という場所をあげるとすると・・・

 

 

 

 

階段を上がり・・・

 

 

 

 

2Fのホールへ。

 

 

 

 

このお宅は・・・

 

 

 

南面が吹抜になっていて

 

この腰壁にお布団をひょいとかければ、ふかふかになること間違いなしです。

 

2Fは主寝室や子供部屋などそれぞれの個室となることが多く、

 

ここで乾いた洗濯物やお布団は、

 

速やかに、

 

 

 

ウォークインクローゼット、

 

ファミリークローゼット、

 

もしくは各部屋へ。

 

 

 

 

自然環境の変化と住まいの関係

 

 

 

悲しいかな。

 

私達が子供の頃と現在とでは自然環境が大きく変わってしまいました。

 

思い返すと、

 

小さい頃は、2階の和室に蚊帳を吊り、窓を開け放って親子四人で寝たものです。

 

今では真夏、エアコン無しで眠るのはキビシイですよねあせる

 

 

大気汚染のことなど誰も心配していなくて、

 

母が干してくれたお布団の

 

おひさまの匂いを嗅ぎながら眠りについたものです。

 

 

時代とともに自然環境も変わってしまった。

 

私達はそういう側面からも暮らしを見据え、お客様と共有し、

 

住まいづくりに関わっていかなくてはならないと感じています。

 

家づくりの際は、ぜひお考えをお聞かせくださいね!!

 

 

 

#新築 #デザイン住宅 #高気密 #高断熱 #生活動線 #洗濯物の悩み #室内干しのすすめ #R+house一宮丹陽

 


ステップダウンフロアのある家

こんにちは! スタッフのちかです。

 

梅雨入りしたとはいえ、連日雨ということでもないですね。

 

週末、いかがお過ごしですか?

 

私は一宮市内のあじさい祭りに行きたいなぁ・・と思案中です☆

 

 

 

 

 

こちらは岐阜県岐阜市に完成した新築住宅 Y様邸。

 

 

今年3月には

 

完成見学会を開催させていただきましたクラッカー

 

 

 

 

 

 

なんといっても特徴的な部分は、床がステップダウンフロアであることビックリマーク

 

つまり、

 

床の一部がその他の部分よりも下がっているのですウインク

 

 

 

 

 

ステップダウンフロアのメリットは・・・

 

 

…垢ぅ戰鵐舛里茲Δ併箸なができる

 

この度の段差は30僉 通常のシートハイ(床から椅子の座面までの高さ)よりは低めではありますが

 

ベンチのように腰掛けることができます。

 

ゲストが沢山やってきても人数分だけ椅子を用意する必要はありません。

 

 

 

▲好據璽垢魎砲笋に区切ることができる

 

LDKとしてひとつの空間なのですが、料理をする場所、食事をする場所、そして、ゆったりとくつろぐ場所、

 

といった具合に、壁で仕切るのではなく緩やかに用途を分けることが出来ます。

 

ですから、視界も採光も遮られることがありません。

 

 

 

C丙垢鯒悗發燭譴箸靴突用できる

 

フロアにはタイルカーペットを敷き詰めました。クッション性があるので、直接腰を下ろし、

 

段差を背もたれにして脚を伸ばしてリラックス。

 

展示会ようにソファーを設えてありますが、クッションなども加えればソファーは特に必要ないかもしれません。

 

 

 

げ搬欧涼紬海鮴犬濬个靴笋垢

 

人間の心理として、一段下がった場所へ集まろうとする傾向があるそうなんですメモ

 

つまりダウンフロアになっている部分は求心性があるのです。

 

 

 

 

 

これからお子さんが増えていくはずのY様邸。

 

ここで寝っ転がったり、ゲームをしたり、スキンシップを重ねていくスペースとしては最高です。

 

家族団欒のイメージがムクムクと湧いてきませんか?(^^)

 

 

タイルカーペットは50儚僂離圈璽后

 

もし汚したりしてもそこだけ取替ることが出来るので、安心ですよね星

 

 

デメリットをあげるとすると、

 

ズバリ「段差」です。

 

脚に疾患のある高齢者が住む場所には適さないかもしれません。

 

でも、畳のヘリにもつまずく・・・というレベルの段差ではないので、うっかり転ぶことは考えにくい。

 

元気なうちは、この段差の上り下りがエクササイズになるかも。

 

 

住まいは、長く長く暮らしていく場所。

 

住み手の年齢も状況も変わっていきます。

 

極論を言ってしまえば、40年先のことは、その時になったら考えれば良いと思います。

 

4年先じゃないからw

 

今後数十年先まで、ご家族で存分にこの「段差」を楽しみ尽くしていただきたい。

 

ステップダウンフロア。

 

家づくりを検討されている方、検討する価値アリですよウインク

 

 

こんなオシャレなリビングに私も住みたい!!

 

 

 

#R+house一宮丹陽  #リビングルーム #ステップダウンフロア #家族団欒 #くつろぎスペース

 

 

 


ランドリールームの創り方

こんにちは!スタッフのちかです。

 

先日娘と手作りおやつを作りました♪

 

苦手だったおやつ作りのハードルが娘のおかげで少しずつ下がってきました。

 

 

さてさて・・・

 

 

今日は昨日のブログでもご紹介した岐阜市Y様邸のランドリールームについてです!

 

 

 

家づくりの打ち合わせの中、

奥様から「ランドリールーム」についてのご要望をいただくことが本当に多くなりました。

 

女性の働き方が変わってきた影響もあるでしょう。

 

奥様も外でお仕事される方が多いから。

 

 

 

どうしたら

 

★コンパクトなスペースを合理的に使えるか。

 

★効率よく家事がこなせるか

 

がポイント。

 

 

まずは、

 

一坪(畳二枚分)のスペースに

 

ワイド75センチの洗面化粧台ユニット

洗濯機

 

を横並びに置く、

 

という平均的な提案プランから脱却することです。

 

 

(まさに我が家がこのタイプ・・・。収納も少ないし、棚があっても丸見え状態で、非常にゴチャゴチャしています(>_<)

 

そのうち息子や娘が自分専用の洗面用具やらヘアケア用品なんかを置きだしたら・・・

 

どうなってしまうんだろう・・・。)

 

 

 

 

 

オススメは、

 

洗面台を脱衣室から出してしまうこと。

 

こうすれば、お客様が来てくださったときにも

洗濯機&洗濯物が存在する脱衣室にお通しすることなく、手を洗っていただくことができますウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお宅は、

 

二階ホールのスペースを使って洗濯物を干すように計画してあります。

 

乾いた衣類はそのまま目の前のファミリークローゼットへ。

 

一階のランドリールームには、

 

洗濯機横のたっぷりとったスペースに

タオルや下着、パジャマなどを収納する。

 

天井をよく見ていただくと、

 

洗濯物干し竿が確認できると思います。

 

ここにしまうものを優先的に干したらどうでしょう。

 

洗濯機から物干し竿までの距離は最短ビックリマーク

 

動線もバッチリです。

 

 

家事はとにかく手早く済ませたいもの。

 

お家の中を美しく保つには

 

家事動線をしっかりとイメージして間取り、

 

必要なものを必要な場所に配置することが大切ですアップ

 

 

 

#ランドリールーム #生活動線 #洗濯スペース #洗面所 #効率的 #R+house一宮丹陽

 


水周りに適した床材

JUGEMテーマ:住宅

こんにちは!スタッフのちかです。

 

先週はいきなりの真夏日!皆さま、体調は大丈夫でしたか?

 

私は中学校まで自転車で2往復しただけでバテバテでした(^_^;)

 

 

 

今日のブログはおススメの床材についてです★★

 

 

 

キッチンはもちろん、

 

ランドリールーム、ユーティリティー、洗面脱衣室の床は「濡れる」が大前提。

 

耐水性に優れた素材をおすすめします。

 

私達の家づくりの場合、床材の基本は無垢のフローリング材です。

 

 

 

 

歩行感も良く、温かみもある。

 

傷がついたとしてもそれが味になっていくという、本物ならではの醍醐味が魅力。

 

小さいお子様がいると物を投げたりして、「あっ!傷がーー!」て叫びたくなりますが(>_<)

 

成長の思い出というか、家族の味になっていくと思います。

 

(壁に穴とかは笑えないですけどね・・・男の子のお家は要注意 苦笑)

 

 

 

 

 

 

但し、耐水性においてはビニール系素材の方に軍配が上がります。

 

日頃の掃除やメンテナンスは奥様がされることが多いので、

 

やっぱり「キレイ」と「カンタン」が持続する素材は女性にとって望ましいですよねラブラブ

 

岐阜市Y様のお宅のランドリー&ユーティリティースペースをご紹介します。

 

 

 

 

 

ユーティリティーの床にはフロアタイルを、

 

ランドリールーム(兼・脱衣室)にはクッションフロアを貼っています。

 

 

 

クッションフロアの特徴

 

 

クッションフロアーは、床材としては安価なものです。

 

厚みは1.8mmほどで中間層に発泡塩化ビニルを使い衝撃吸収性を高めてあるため、

 

多少のクッション性があります。

 

ロール状になっているので、施工は敷き詰めていくイメージ。

 

だから透水させることもありません。

 

素材自体も水に強く、汚れも落としやすい。メンテナンスも簡単。

 

クッションフロアはチープな素材・・・というイメージがありましたが、最近は柄や色も豊富だし、オシャレなものがいっぱいありますラブラブ

 

 

 

安価ゆえに、

 

耐久性という点では無垢のフローリングや、次にご紹介するフロアタイルに比べると劣ります。

 

ですから、傷んできたら貼替するという大らかな気持ちで使っていただきたい。

 

または、

 

お部屋の中でも頻繁に歩くスペースにはクッションフロアを貼るのを避けるというのも一つの手。

 

その点において、キッチンやダイニングには余りおススメしません。

 

ダイニングは椅子などでダメージを与えがちだし。

 

WCやコンパクトなランドリールーム・脱衣室なら問題ないと思います。

 

ぜひ、「イマドキ」の柄に挑戦してみてくださいアップ

 

 

 

フロアタイルの特徴

 

 

フロアタイルは塩ビタイルともいわれます。

 

素材は合成樹脂系で厚みは2.5mmほど。

 

タイルと呼ばれるのは、固いからウインク

 

 

 

Y様邸のフロアタイル↑は、ストーン調。

 

2柄分の印刷シートを使って、石の様々な表情を精緻に再現したもの。

 

ラスティック、ヴィンテージなどのインテリアテイストにぴったりです。

 

 

木材や石材の質感を表現するために、印刷→エンボス加工することで

 

フェイクなのにリアル感がすごい。

 

弊社ショールームにも木目のフロアタイルが貼ってありますが、

 

「木だと思っていましたポーン」 とよく言われますデレデレ

 

こちらもクッションフロアと同様、色々な柄が出てきて、選ぶのが本当に楽しいです。

 

 

画像のものは、457.2×457.2ですが、457.2×914.4とか、305×610、

 

ウッド系は152.4×914.4、75×450、などなど、サイズも多種!

 

これらのピース状になっているものを、突きつけて接着していくのです。

 

細かいこといえばジョイント部分で浸水する可能性はあります。

 

ですが、歩行で傷んでいく・・・というのは考えにくいですね。

 

 

普段、リフォーム工事を多く手掛けさせていただくのですが、

 

既存のフローリング材の上に貼って仕上げれば、工期も短く、コストも抑えられるのでとても重宝な素材です。

 

 

 

その他の床材

 

室内で求められる耐水性のある床といえば、

 

あとはタイル貼とか、モルタル仕上、とかでしょうか。。。

 

質感、メンテナンス性、値段、施工箇所に対しての適性度など、検討するポイントが色々あります。

 

今回ご紹介したクッションフロアとフロアタイルは

 

現在、

 

コスト面や施工精度からも、使いやすい材料には間違いありません。

 

創り上げたいインテリアとマッチングさせる楽しさを味わってくださいね音譜

 

 

 

#新築 #オーダーハウス #デザイナーズハウス #床材 #水周り #フローリング #高気密高断熱 #R+house一宮丹陽


賢い家づくり勉強会のご案内

 

 

 

  こんにちは。

アシスタントの横山です。  

 

 

 

毎月行われている、R+ハウス 一宮丹陽の

【賢い家づくり勉強会】のご案内です。  

 

 

 

1ヶ月って本当に早いものです。

 

 

 

先日、(6月分の)勉強会が行われましたとお伝えした

ばかりですが、今週末にもう7月の勉強会が行われます。

 

 

 

     

     

 

 

 

 

勉強会では、構造の話、高気密・高断熱などの

話を聞くことができます。

 

 

定員ご家族も少なく設定していますので、

説明が終わった後は、質問などもしていただいて おります。    

 

 

 

ご夫婦で、ご家族で、マイホームっていいな〜と

漠然と思っている方が多いのではないでしょうか。  

 

 

 

一歩踏み出すことで、家づくりが「いいな〜」という

憧れから現実へと動きだします。  

 

 

 

 

     

 

 

 

 

勉強会後日、ご希望の方はファイナンシャルプランナーを 交え、

またさらに一歩家づくりに近づく勉強会もして

いただいております。  

 

 

 

 

 

勉強会は、7月15日(日) 13時半〜 

ご参加が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

是非、後悔しない家づくりのために、 一歩を踏み出して、

勉強会へ参加してみては いかがでしょうか?  

ご参加お待ちしております。    

 

 

 

 

お申込みはこちら→★★★

または、0586−23−8110へお電話を

お願い致します。    

 

 

 

 

#収納#整理収納#インテリア#注文住宅#新築#愛知#岐阜#高気密高断熱#省エネ#マイホーム作り

 

 


6月 賢い家づくり勉強会が行われました!

 

 

 

こんにちは。

アシスタントの横山です。  

 

 

先週末は、R+house・一宮丹陽

「賢い家づくり勉強会」が行われました。

 

 

 

   

     

 

 

 

 

これまでの勉強会のスペースとはまた がらりと様子を変え、

昨年9月にお引越しをした、 (と言ってもお隣ですが)

オフィスでの勉強会と なりました。  

 

 

 

アンケートにご協力いただいておりますが、

土曜日ご参加のお客様も、日曜日ご参加の

お客様も大変参考になったと書いてくださいました。  

 

 

 

 

 

(真剣にお話を聞いてくださっているのがわかります♪)

 

 

 

 

 

ありがとうございます。  

 

 

後悔のない、家づくりを。    

 

 

 

またこの勉強会後、あらたに資金の勉強会への

ご予約もいただきました。  

 

 

家づくりについて勉強をし、

そしてみなさんが1番気になる

お金の勉強をし・・・

 

 

少しずつ家づくりが現実のものへと動いていきます。  

 

 

 

そのお手伝いができますこと、とてもうれしく 思います。  

 

 

 

ご参加、ありがとうございました。      

 

 

 

 

只今ご案内中のイベント

 

 

●GJ Lifestyle Salon 【初夏を感じるインテリア&テーブル】

 

 

 

 

 

お申し込みはドキドキこちらドキドキ

 

 

 

●【快適な住まいを作る3つの法則 シェア会】

 

 

 

   

                       

                                     お申し込みはドキドキこちらドキドキ

 

 

 

 

6月の家づくり勉強会

 

 

 

                   

                       お申し込みはドキドキこちら

 


6月 家づくり勉強会のご案内

 

 

 

 

こんにちは。 アシスタントの横山です。

 

 

 

住まいにづくりについてじっくりと考えた ことはあるでしょうか?  

 

 

 

 

     

 

 

 

私も家を建てる前、そうだったのですが、 一軒家、いいな〜。

そろそろアパートの家賃も もったいなし・・・    

と思い、主人と口ぐせのように話していました。    

 

 

 

でもなかなか重い腰が上がらず、

何をしたら いいかもわからなかったのです。    

 

 

 

R+House 一宮丹陽の毎月行っている 勉強会は、

構造の話、高気密・高断熱などの 話を聞くことができます。

定員ご家族も少なく設定していますので、

説明が終わった後は、質問などもしていただいて おります。

 

 

 

 

 

   

     

 

 

 

 

一歩踏み出すことで家づくりが、「いいな〜」という 憧れから

現実へと動きだすのではないでしょうか?  

 

 

 

勉強会後日、ご希望の方はファイナンシャルプランナーを 交え、

またさらに一歩家づくりに近づく勉強会もして いただいております。  

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

今月は6月16日(土)、17日(日)の2日間です。

どちらの日もすでにお申し込みをいただいて おりますので、

ご希望の方はお早めにお申し込み 下さいませ。    

 

 

 

 

お申し込みはこちらから→★★★ お願いいたします。

またはお電話でお願いいたします。

電話*0586−23−8110

 

 

皆様のご参加をお待ちしております。         


最新のパンフレット出来上がりました!!

JUGEMテーマ:住宅

 

こんにちは!スタッフのちかですわらう

過ごしやすい季節となりましたね!

花粉もようやく治まり・・・(今年の春は辛かったですDocomo_kao19

窓を開けたくなってきました♪

 

さて、弊社も「R+house 一宮丹陽」としてリニューアルしまして、

パンフレットも刷新!!

本日できたてホヤホヤのパンフレットが入荷しましたkyuゆう★

 

 

素敵な仕上がりにスタッフ一同大満足です!!

 

今までの施工例も満載ですき

 

 

 

弊社がプロデュースしてきたこだわりの家づくりを、自信を持ってお伝えします手

ご興味あるかたは、お気軽に資料請求にてお申込みくださいね!

 

資料請求はこちらから↓↓

http://rplus-ichinomiya.jp/contact/index.html

 

今後共R+house 一宮丹陽をよろしくお願いいたします。


寒い日にはヒートショックにご注意を!

JUGEMテーマ:住宅

 

 

こんにちは。

アシスタントの横山です。  

 

 

 

今日は少し寒さも和らぎましたが、

昨日、一昨日はとっても寒かったですね。

 

 

特にそんな日に気をつけなくてはならないのが

【ヒートショック】なんです。    

 

 

先日の「賢い家づくり勉強会」の中でも話に 出たのですが、

日本はヒートショックで命を 落とす人が欧米の

2.4倍なんだそうです。

 

 

これは家づくりに関係しています。  

 

 

そもそも、ヒートショックとは・・・

温度差による肉体的ショック症状のことです。

暖房の効いた温かい部屋から、

冷たく冷え切った浴室で 急に熱い湯につかる、

この日本人には当たり前の入浴が

心臓に大きな負担をかけてしまうのです。

 

 

身体の弱い、高齢者で寒い冬場の発生率が高くなります。  

温度変化が急激すぎると血圧が一気に上下して、

心臓や全身の血管に異常が起きます。

 

 

ヒートショックによる、心筋梗塞・脳梗塞・ 脳卒中

などを引き起こしたり、軽く失神だけの 場合でも

浴室の為滑って頭を強く打つなど 危険が伴うのです。  

対策としては、

 

 

●脱衣所を暖房などで暖める

●湯船の蓋をあけておく

●シャワーでお湯をはる

●湯温を41度以下にする

●夕食前に入浴する

●高齢者には1番風呂をすすめない  

 

などがあります。

寒い日には特に気をつけたいですね。  

 

 

 

 

 

     

(画像はおかりしています。)

 

 

 

 

 

 

快適な住まいの条件の一つに、

「部屋の中が常に適温に保たれていること」があげられます。    

 

 

“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、

外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない

「高断熱性」を確保することが大切なポイント。

 

 

そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、

「高い気密性」を併せ持つことも重要になるのです。

 

 

 

R+houseの住宅は、このような高気密・高断熱に

こだわっています。

 

 

 

さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも

抑えてくれるうれしいオマケ付きです。  

 

 

 

 

毎月、「賢い家づくり勉強会」を行って おりますので、

是非足を運んでみてください♡  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、【賢い家づく勉強会】は

2018年 1月20日(土)、21日(日)です。    

 

 

 

 

 

【R+House賢い家づくり勉強会】

日程:2018年 1月20日(土)、21日(日)13時半から15時

詳しくはこちら→★★★ お申し込みは

R+Houseホームページの 申し込みフォームより。

 

 

又は0586-23-8110へお電話をお願い致します。


1

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode